このページでは酒にまつわる話や、ふと気づいた事など書き綴っていきたいと思います。

VOL1 : 社長とくろちゅうと私の出会い(H19.10.18)

◆喜界島酒造の現社長(K氏)との出会い


 このHP製作にたずさわるようになってから、はや1ヶ月あまりが過ぎた。K氏にHP制作の話を持ちかけられたのが2ヶ月くらい前で、私もHP制作するのは好きで、個人的にもHPを持っているのだが、本格的にテーマに沿った物を作りたかったので、快く引き受けた。

 私が喜界島酒造のK社長と出会ったのは、かれこれ5年くらい前になる。鹿児島県のある水産団体の掲示板を通じて知り合い、「今度こっちで飲みましょうよ」という事になり、地元の飲食店に連れて行ったのだが、最初の第一印象は、とても標準語が堪能で、私の持つ島の人というイメージとかけはなれていた。飲み会の席にもかかわらず、ひっきりなしにくる携帯電話に対応していたのを見て、「ああこの人はバリバリのビジネスマンだ」という印象を覚えた。
 カメラが趣味で、ギターも弾いて、サッカーやっていたというところが、私となんとなく似ていた。それと硬派なところ(?)も。というのも、たまに試作中の酒とかバッグに持っていたりしても、絶対飲ませてもらえない(公私のケジメが素晴らしい)

 今でも忘れられない思い出がある。一度だけ地元の漁港で、コンビニで酒とつまみを買って飲み会をしたことがあった。自分で言うのもなんだが、私はどこでも眠れるうえ、酒を飲むとすぐ寝てしまう癖がある。案の定、飲み始めてから10分くらいで、イビキかいて眠りはじめた。眠っている1m横は岸壁の海である。そこでK氏に起こしてもらわなかったら、海に落ちて新聞に載ったか、漁師のみなさんに起こされて、失笑をかったかのどちらかであっただろう。自らが招いたK氏に起こしてもらう事で、すでにヒンシュクはかっているのだが・・・今思い返してもホント情けない。

 ◆趣味の写真

 K社長は東京・大阪などの出張の帰りの際には時間さえ許せば、私の地元へ立ち寄ったり、鹿児島市内で落ち合って飲んだりするのだが、以前飲んだ後、鹿児島市内の撮影ポイントで夜の撮影会をした事があった。 さすがにK社長は夜の撮影も手馴れたもので見事だった。私も、いろいろ教えてもらいながら、露出、シャッタースピード、ISO感度など設定しながら撮ってみたが、殆どの画像に手振れがおきてしまい画像がぼやけてしまった。夜の撮影は難しいなあ・・・と軽く落ち込んだ。
「そのうち上達するよ」と言われたのだが、あれ以来忙しくて夜の撮影はやっていない(−−; 最近はもっぱらフルオートで家族の撮影のみ。せっかくの一眼デジカメも泣いているだろうなぁ。
◆焼酎は血液の流れを良くし、肩こりやストレス発散に最適!

 大抵HP制作は夜に行うが、私の場合焼酎をストレートで(鹿児島では生(き)で飲むと言う)チビチビ飲みながらパソコンに向かう事が多い。夏場は水と氷で割って飲んでいたのだが、涼しくなってくるとこれで丁度良い。パソコンに向かいくつろぎながら焼酎を飲む。今のところ毎日の中でホッとする至福の時だ。

 焼酎を飲んだ時と飲まない時では肩こりの度合いが違う。焼酎には血液をサラサラにするポリフェノール成分のほかに、ウロキナーゼという血栓を取り除く成分がどの酒より含まれている。確かに次の日の寝起きがスッキリして気持ちが良い。他のアルコールを飲んだ翌朝は頭が痛くて仕方ないのだが・・・。

 タバコを吸っていた頃は、青空を見上げて吸うタバコが至福の時だったが、さすがに昼間から空を見上げて酒飲むわけにはいかないので、とりあえずこれに落ち着いている。
     
TOP製品案内製造工程黒糖焼酎の由来美味しい飲み方くろちゅうマガジンくろちゅうリンク
Kikaijimashuzo.Co.Ltd