喜界島酒造の製品紹介くろちゅうの製造工程くろちゅうの由来くろちゅうの飲み方くろちゅうマガジン
くろちゅうリンク
 
 
 喜界島酒造㈱は鹿児島県大島郡喜界町にある酒造会社です。弊社の黒糖焼酎は、全国酒類コンクールの黒糖焼酎部門で2012年以降、6回連続で特賞を受賞している「キャプテンキッド」をはじめ、1年熟成酒をベースに、5年古酒を約40%ブレンドした「由羅王」(1位)や、昔ながらの伝統製法で造られた「しまっちゅ伝蔵」(2位)など、黒糖焼酎の旨さを存分に引き出したこだわりの焼酎です。3年古酒を主体とし、5年から10年古酒をブレンドした「三年寝太蔵」は、口当たりが良く、その優しく芳醇な風味が黒糖焼酎の素晴らしさを感じさせてくれるでしょう。その他にも多数の個性的な商品も取り揃えております。是非、ご賞味ください.
きっと・・・いい酒との出会いは人生をちょっと楽しくします    
 
 
  すごく幻想的な花良治のサンゴ礁です
 
 


 
 

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会は令和3年7月26日、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」の世界自然遺産登録を決めました。亜熱帯の森にはアマミノクロウサギやヤンバルクイナなど貴重な固有種が数多く生息しており、生物多様性を評価されました。日本の自然遺産登録は2011年の「小笠原諸島」(東京)以来5件目となり、これで政府が候補とした全件が登録される事になり、国内最後の自然遺産となる可能性が高いとの事です。
 登録区域は鹿児島県の奄美大島と徳之島、沖縄県の沖縄本島と西表島の4島に及ぶ計約4万3千ヘクタールで、大部分が森林。大陸から切り離され現在の島々が形成される過程で動植物は独自の進化を遂げ、絶滅が危惧される固有種が多く生息しています。





 金太郎に乾杯
南海日日新聞令和3年8月掲載分



 管理人がおススメのスパイスがこのアウトドアスパイス「ほりにし」です。焼き物にかけても美味しいのですが、餃子とかタレを使わずにこれをかけても美味しいです。もともとアウトドア用に作られたものらしいですが、家での食事にも重宝する逸品です。ネットでも購入できます。
アウトドアだけではなく家飲みの強い味方になりますよ











◇スカイラウンジ菜の花のHPはこちら





 



 
 

     (其之21)


 古来より日本の神話や伝承に酒が登場します。「お神酒あげぬ神は無し」と言うように、稲穂の国、日本は酒の国と言っても過言ではありません。
 日本の酒と神話の関係は縄文時代に遡ります。縄文時代の中期、関東から中部・北陸地方にかけての東日本で、有孔鍔付土器(ゆうこうつばつきどき)と呼ばれる独特な形をした土器が作られています。この土器は酒造具だと推定されており、大きな丸い目を持ち、四肢を開いた蛙の姿をしています。
 これは蛙の姿をした月の女神が不死の霊薬を持っていて、その姿が月面の陰として見えるという信仰に繋がっているとも言われています。
 この伝承の手がかりになるのが、長野県諏訪郡富士見町にある井戸尻遺跡で、縄文時代中期の竪穴住居跡が散在した遺跡群です。この場所から「半人半蛙文有孔鍔付樽」(はんじんはんあもんゆうこうつばつきたる)が発掘され、その内部にヤマブドウの種が残されていました。この事から発掘者はこの器でヤマブドウ、クサイチゴ、アケビなどの液果を仕込んで果実醸造酒を造ったのではと推測されています。その説を裏付ける証拠として同一住居内から酒盃らしいカップ状の土器が発見されています。
 半人半蛙文有孔鍔付樽は高さ50cmにも及ぶ大型の土器で、果実酒を仕込む樽であったと推測されています。表面に描かれた半人半蛙は、多産と雨を司る蛙に、豊作の力を求めたものであり、冬の冬眠から春になると再び目覚める蛙は、死からの再生を象徴するものとして考えられていたのかもしれません。
 




 島遊びの「遊び」とは、集い、喜び、祝う事。八月踊りや奉納相撲などが行われ人々は賑わいます。持参の料理を食べ、男性陣は焼酎を飲み交わします。
 旧暦の8月・9月に行われる島遊びは、夜風が涼しくなる頃に行われます。島遊びの時期は各集落で実施日が違い、島遊びの前には集落の有志が参列して、氏神の前で神事が行われます。集落では人々が料理などを持参し、遊び場所(神社の境内か由緒ある広場)に集まります。
 元来、新米の取り入れを無事に終えた喜びと、来年の豊作を祈願して行われていた「豊年祭」。今は島民の交流の場として受け継がれ、子供から大人までが参加する集落の秋の楽しみとなっています。 
Kikaijimashuzo.Co.Ltd