喜界島酒造の製品紹介くろちゅうの製造工程くろちゅうの由来くろちゅうの飲み方くろちゅうマガジン
くろちゅうリンク
奄美の地で焼酎を造り続けて今年で100年。これからも美味しい焼酎造りに励みます。

 喜界島酒造㈱は鹿児島県大島郡喜界町にある酒造会社です。弊社の黒糖焼酎は、全国酒類コンクールの黒糖焼酎部門で2012年以降、6回連続で特賞を受賞している「キャプテンキッド」をはじめ、1年熟成酒をベースに、5年古酒を約40%ブレンドした「由羅王」(1位)や、昔ながらの伝統製法で造られた「しまっちゅ伝蔵」(2位)など、黒糖焼酎の旨さを存分に引き出したこだわりの焼酎です。3年古酒を主体とし、5年から10年古酒をブレンドした「三年寝太蔵」は、口当たりが良く、その優しく芳醇な風味が黒糖焼酎の素晴らしさを感じさせてくれるでしょう。その他にも多数の個性的な商品も取り揃えております。是非、ご賞味ください!
きっと・・・いい酒との出会いは人生をちょっと楽しくします
 
 「平成28年熊本地震」により、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
また、被災された皆様、ご家族、ならびにご関係者の皆様に、社員一同衷心よりお見
舞い申し上げます。

 【新着】喜界島酒造だより・・・6/18「よろこび通り会」のイベント
                  6/20 
工場見学のお客様      

香り良し、味良し、ルックス良し
  究極の黒糖焼酎キャプテンキッド

弊社のキャプテンキッドが、2016年春季全国酒類コンクールの黒糖焼酎部門で特賞を受賞しました!特賞を受賞するのは通算7回目となります。



荒濾過 黒糖 特賞に次ぐ
 「第1位」を獲得


 新しい味に挑戦した「荒濾過 黒糖」も2016春季全国酒類コンクールにて、特賞のキャプテンキッドに次ぐ成績の「第1位」を受賞しました。味と品質にこだわり続ける喜界島酒造の永年の努力が評価されて、社員一同喜んでおります。弊社の商品を店頭などで見かける事がございましたら、是非一度お試しください。
くろちゅうの飲みやすさにビックリ!!



南海日日新聞で大人気!
しまっちゅ伝蔵イメージキャラ、その名は松次郎




    上司に乾杯
    南海日日新聞H28.4.10掲載分
喜界島酒造株式会社
   創業100周年記念事業
 おかげさまで喜界島酒造も今年で創業100周年を迎える事ができました。ここまで育てていただいた、ご愛飲家の方々には誠に感謝しております。その記念事業の一環としまして、根強いファンも多い「しまっちゅ伝蔵」を、海底に貯蔵し、限られた本数ではございますが、提供する運びとなりました。ただし、発売次期は今のところ未定です。

喜界島酒造の商品を試飲しよう!
喜界島酒造のイベント情報!!
6月(随時更新)
<福岡県>
「試飲販売会」
期間:平成28年6月22日(水)~6月28日(火)
時間:午前10時~午後8時
場所:博多阪急リカー売り場
    福岡市博多区博多駅中央街 1-1
※しまっちゅ伝蔵・喜界島陶器・キャプテンキッド・
俊寛他販売






 「かごんまは焼酎で乾杯 
    めさせ1万人」のイベント開催

公式HPはこちら↓↓↓

このサイトでは乾杯イベントに参加された方々のコメントや動画をはじめ、初代ミス薩摩焼酎&ミス黒糖焼酎の紹介、本格焼酎カクテルコンテストの結果など掲載してあります。とにかく明るく元気な鹿児島の焼酎好きの顔が拝めます!それにしてもみなさん焼酎がお好きですね。














日本で最も美しい村連合


喜界島酒造は日本で最も美しい村連合の企業正会員です
俊寛 甕 30度1800ml 努力賞
この度、俊寛 甕 30度 1800mlが第56回、全国推奨観光土産品審査会、全国観光土産品連盟会長努力賞を受賞しました。



黒糖焼酎喜界島がまたまた受賞


2016年、黒糖焼酎喜界島が、モンドセレクション金賞受賞しました!
これで受賞した年は、2009’2010’2012’2013' 2014' 2015' 2016年となります。
 
お酒のウンチク(3)      
  ~沖縄に存在した口噛み酒~

 沖縄、八重山諸島あたりでは、大正時代の終わりまで「ミシ」または「ミシャグ」と呼ばれる口噛み酒が造られていました。ミシ造りにあたるのは、歯の良い未婚の若い巫女でした。
 彼女達は塩で歯を磨いた後、クンガ二(ヒラミレモン)の皮をむいて、それを食べた後、ミシ造りを行っていたようです。
 ミシの材料はうるち米で、これをふるいにかけ、割れ米を選び出し、水に浸けます。その後、一旦乾かして、臼とたて杵で粉になるまで砕いていき、それを目の細かい竹のふるいにかけ、さらに米粉と米片に分けます。ふるいの上に残った米片を集めて炊き、これに米粉を加えて混合物を造ります。この混合物を選ばれた乙女達が噛んで、鍋に吐き出していきます。
 祭りのために造られるミシは6升にもおよび、噛み終わったものをさらに石臼で挽き、甕に入れておくと3日ほどでアルコール度数
5度程度の酒が出来上がったそうです。


鹿児島県酒造組合奄美支部
喜界島酒造は鹿児島県酒造組合奄美支部の会員です。

TOP製品案内製造工程黒糖焼酎の由来美味しい飲み方くろちゅうマガジンくろちゅうリンク
Kikaijimashuzo.Co.Ltd