喜界島酒造の製品紹介くろちゅうの製造工程くろちゅうの由来くろちゅうの飲み方くろちゅうマガジン
くろちゅうリンク

 喜界島酒造㈱は鹿児島県大島郡喜界町にある酒造会社です。弊社の黒糖焼酎は、全国酒類コンクールの黒糖焼酎部門で2012年以降、6回連続で特賞を受賞している「キャプテンキッド」をはじめ、1年熟成酒をベースに、5年古酒を約40%ブレンドした「由羅王」(1位)や、昔ながらの伝統製法で造られた「しまっちゅ伝蔵」(2位)など、黒糖焼酎の旨さを存分に引き出したこだわりの焼酎です。3年古酒を主体とし、5年から10年古酒をブレンドした「三年寝太蔵」は、口当たりが良く、その優しく芳醇な風味が黒糖焼酎の素晴らしさを感じさせてくれるでしょう。その他にも多数の個性的な商品も取り揃えております。是非、ご賞味ください!
きっと・・・いい酒との出会いは人生をちょっと楽しくします
 

      【新着】
   9/4  九州某大学生の方々
   8/29  奄美大島のダイバーさん
   8/21  大阪からはるばる
   8/17  記念ボトル作り体験
   7/31  記念ボトル作り体験
◆今年の夏祭りは台風の影響で延期になり、フネィンカー競争は中止となりました。
絶対優勝だったのに…残念!

 
樫樽で熟成させた黒糖焼酎の旨さを凝縮した逸品です。
是非、味わってみてください





 弊社の主力商品「黒糖焼酎 喜界島」が、2017モンドセレクションで金賞を受賞しました。
受賞年:2009~2017(※2011除く)




  フジテレビ他で毎週金曜夜7時に放送されている「その原因、Xにあり!」の5月5日放送の番組内で、長寿の島として喜界島が紹介されました! レポーターは鹿児島県出身の恵俊彰さん、女優のキムラ緑子さん、羽田美智子さんの3名で、喜界島の各地区を巡り、元気に暮らしている高齢者の方々をレポートしました。島の生活は町の暮らしに比べてやや不便な面もありますが、その分体を動かしたり、お互いが支えあったり、自然の中で自分のペースでのびのびと生きているのが良いのかもしれません。もちろん島特有の食材も健康増進に貢献している事は言うまでもありません。番組内で弊社の「しまっちゅ伝蔵」のお湯割りを毎日1杯だけ飲むという方がおられましたが、医学的にみても軽くお酒を飲むのは健康に良いとの事でした。
 皆様方も是非、くろちゅうを健康のお供に加えてみてはいかがでしょうか。

 
    スライドショーにまとめてみました

  閲覧するにはフラッシュプレイヤーが必要です。




7月15日から9月19日まで「あまみ2017夏 シマ博覧会」
のイベント開催中!!弊社も参加しています。
喜界島酒造では「黒糖焼酎工場見学&記念ボトル作り」を
実施しています。

   一生懸命ラベルを作っている子供達。どんなものができるか楽しみですね!



 おかげさまで喜界島酒造も昨年創業100周年を迎える事ができました。ここまで育てていただいた、ご愛飲家の方々には誠に感謝しております。その記念事業の一環としまして、根強いファンも多い「しまっちゅ伝蔵」を、海底に貯蔵し、限られた本数ではございますが、提供する運びとなりました。
※発売次期は今のところ未定です。


喜界島酒造のイベント情報!!

<鹿児島>

試飲販売会
日時 :平成29年8月5日(土)~8月6日(日)
時間 :午前10時~午後6時
会場名 :焼酎維新館
所在地 :鹿児島中央駅アミュプラザ鹿児島B1



<鹿児島>
試飲販売会
月日 :平成29年8月7日 (月)~8 月 8日(火)
時間 :午前9時 ~午後6時
会場名 :薩摩焼酎蔵
所在地 :鹿児島中央駅おみやげ街道内



<鹿児島>
黒糖焼酎6社合同試飲販売会
月日 :平成29年8月11日 (金)~8 月14日(月)
時間 :午前10時 ~午後5時
会場名 :ふるさと薩摩館
所在地 :鹿児島市七つ島1-66-1



<鹿児島>

黒糖焼酎5社試飲販売会
月日 :平成29年8月11日 (金)~8 月14日(月)
時間 :午前10時 ~午後5時
会場名 :薩摩酒蔵
所在地 :鹿児島市ドルフィンポート内















    ボスの日に乾杯
    南海日日新聞H28.10.9掲載分



   (其の九)

  大航海時代で変化を遂げた酒

    
 10世紀頃までに、蒸留技術がアラビアから伝わり、ヨーロッパでも蒸留酒が造られるようになりましたが、当時、度数の高い蒸留酒は極めて高価なもので、人々はパンとビール、たまにワインという暮らしぶりでした。それでもビールやワインなどの醸造酒にはパンだけでは補えないビタミンやミネラルなどが含まれており、穀物に依存する農耕社会を栄養面から支えていたのです。このような事情が、大航海時代が始まると重要になってきます。長期にわたり外洋を航海する際は、食料は長期保存がきく乾燥したパンや、塩漬けにした魚などになりがちでした。飲料水もそのまま保存したのでは腐ってしまうので、水の代わりにワインが積み込まれました。例えば映画のシーンで海賊たちが酒を飲むのは、当時、新鮮な水が無かったからなんですね。しかし、ワインもアルコールが入っているとはいえ醸造酒です。だいぶ不純物が含まれており、長持ちはしませんでした。そこでワインにブランデー(ワインを蒸留したもの)を加えて、アルコール成分が強い、腐りにくい独特な風味を持つ新しいワインが登場する事になりました。その名をフォーテイファインド(酒精強化ワイン)と呼びます。



   まだまだ昼間は暑い日が続いておりますが、ほんの少し夜が過ごしやすくなった気がします。これから徐々に秋に向かっていきますが、私は昔から夏の終わりはどうも苦手です・・・







TOP製品案内製造工程黒糖焼酎の由来美味しい飲み方くろちゅうマガジンくろちゅうリンク
Kikaijimashuzo.Co.Ltd