喜界島酒造の製品紹介くろちゅうの製造工程くろちゅうの由来くろちゅうの飲み方くろちゅうマガジン
くろちゅうリンク
 
 
 喜界島酒造㈱は鹿児島県大島郡喜界町にある酒造会社です。弊社の黒糖焼酎は、全国酒類コンクールの黒糖焼酎部門で2012年以降、6回連続で特賞を受賞している「キャプテンキッド」をはじめ、1年熟成酒をベースに、5年古酒を約40%ブレンドした「由羅王」(1位)や、昔ながらの伝統製法で造られた「しまっちゅ伝蔵」(2位)など、黒糖焼酎の旨さを存分に引き出したこだわりの焼酎です。3年古酒を主体とし、5年から10年古酒をブレンドした「三年寝太蔵」は、口当たりが良く、その優しく芳醇な風味が黒糖焼酎の素晴らしさを感じさせてくれるでしょう。その他にも多数の個性的な商品も取り揃えております。是非、ご賞味ください.
きっと・・・いい酒との出会いは人生をちょっと楽しくします    
 
 

喜界島や工場の情報をお知らせします!
 

【蘇 鉄】
かつては島民の貴重な食料となったのが蘇鉄です。しかし豊富なデンプン質を有するものの、サイカシンなど有毒な成分を含むため、じっくりと時間をかけて毒抜きの作業が行われない場合、命を落とす場合がありました。
その昔10月から11月初旬の時期小・中学校の運動会の種目ソテツの実で「かご入れ競争」があり、生徒全員ソテツの実を学校へ持ち寄って、盛り上げていたものでした。


 喜界島酒造は10月19日~20日、東京都立木場公園で開催された第37回江東区民まつり中央まつりに参加し、黒糖焼酎を通じて喜界島を都民にPRしました。今回で13回目の参加となり、国内外の蒸留酒コンテストで高い評価を受けている黒糖焼酎を試飲販売。島特産の白ゴマや黒糖菓子も陳列しました。ブースには喜界島の観光パンフレットを並べ、来場者に島の魅力を丁寧に説明する姿も見られました。来場した男性(60代)は「この祭りが縁で喜界島に行ってみた。一度目は観光、二度目は親類の家に戻った気分になった。景色も美しく、珍しい蝶もいて何枚も写真を撮った。三度目はいつになるかな」と喜界島訪問時の思い出を語っていました。



Youtubeで↑の動画を発見しました。黒糖焼酎喜界島を使用して梅酒を作っている様子がアップされてます。黒糖焼酎はいろんな使い方ができてとても便利です!


 
【管理人のひとりごと】
私は焙煎した珈琲豆をドリップして飲むのが好きなのですが、美味しい珈琲は砂糖を入れなくても、ほんのり甘みがします。それと同じように黒糖焼酎「黒糖」もほんのり甘みを感じとることができます。その理由として製造過程の仕上げとして「荒濾過」という手法で造られているからなのですが、ただ何でも荒濾過で処理できるわけではなく、濾過する焼酎も荒濾過しても飲みやすく、且つ美味さを兼ね備えていなければなりません。雑味が残らないよう素材も高い条件を求められるわけです。荒濾過だけど決して雑ではないんですね。これはなかなかの逸品です。本当に焼酎の味を求めてる人にはたまらんと思います。荒濾過おそるべし…




商工連のニュースより↓↓↓【クリック拡大】

 



【MAIL】phort-c@kikaijima-kankou.com
詳しくはこちら


     (其之17)


 
ウイスキーの蒸留所では酒の材料である大麦を、ネズミやカラスから守るため、ネズミ捕り役の猫、ウイスキーキャットを飼っています。どれくらい役にたっているのかというと、ギネスブックにユニークな記録が残っています。スコットランドの北部にあるハイランドのグレンタレット蒸留所にいた雌猫のタウザーは、28,899匹のネズミを捕ったとされています。タウザーは捕ったネズミを主人に見せる癖があり、蒸留所の人間がそれに気付き、記録をとりはじめたところ、その数字に達したといいます。彼女はすでにこの世にはいませんが、蒸留所にはその銅像が設置されています。



 家族に乾杯
南海日日新聞H30.8月掲載分






【大阪】
第6回奄美の観光と物産展 in 大阪
月日:令和元年10月12日(土)~10月14日(月)
時間:10:00~18:00
   (12日は12:00開店、14日は17:00閉店)
会場:せんちゅうパル南広場
住所:大阪府豊中市千里中央駅 






◆◆◆公式サイトはこちら◆◆◆





Kikaijimashuzo.Co.Ltd