喜界島酒造の製品紹介くろちゅうの製造工程くろちゅうの由来くろちゅうの飲み方くろちゅうマガジン
くろちゅうリンク

 喜界島酒造㈱は鹿児島県大島郡喜界町にある酒造会社です。弊社の黒糖焼酎は、全国酒類コンクールの黒糖焼酎部門で2012年以降、6回連続で特賞を受賞している「キャプテンキッド」をはじめ、1年熟成酒をベースに、5年古酒を約40%ブレンドした「由羅王」(1位)や、昔ながらの伝統製法で造られた「しまっちゅ伝蔵」(2位)など、黒糖焼酎の旨さを存分に引き出したこだわりの焼酎です。3年古酒を主体とし、5年から10年古酒をブレンドした「三年寝太蔵」は、口当たりが良く、その優しく芳醇な風味が黒糖焼酎の素晴らしさを感じさせてくれるでしょう。その他にも多数の個性的な商品も取り揃えております。是非、ご賞味ください!
きっと・・・いい酒との出会いは人生をちょっと楽しくします
 
 


【新着】
   11/23  キャプテンキッドの違う楽しみ方
   11/20  2017秋季全国酒類コンクール
   10/29  南国の島にツル!?
   10/17  体育祭に参加

 
樫樽で熟成させた黒糖焼酎の旨さを凝縮した逸品です。
是非、味わってみてください





 弊社の主力商品「黒糖焼酎 喜界島」が、2017モンドセレクションで金賞を受賞しました。
受賞年:2009~2017(※2011除く)




 11月3日放送日本テレビ「沸騰ワード10」にて、人気急上昇の離島ランキングのコーナーで喜界島が紹介されました。綺麗な自然や貴重な蝶、長寿世界一に認定予定の田島ナビさんなどが紹介され、喜界島の魅力が余すところなくレポートされていたようです。


  (H30.1.5)

 2018年1月5日祈願祭を済ませ、1月6日から製造を始めました。また今年一年、無事においしい焼酎ができますように…。社員一同の願いです。






 おかげさまで喜界島酒造も昨年創業100周年を迎える事ができました。ここまで育てていただいた、ご愛飲家の方々には誠に感謝しております。その記念事業の一環としまして、根強いファンも多い「しまっちゅ伝蔵」を、海底に貯蔵し、限られた本数ではございますが、提供する運びとなりました。
※発売次期は今のところ未定です。


  
                 

<大阪>

試飲・販売会
日時 :平成30年1月13日(土)~1月14日(日)
時間 :午前10時~午6時
場所 :高焼酎維新館
    アミュプラザ鹿児島B1


<鹿児島>
試飲・販売会
日時 :平成30年1月10日(水)~1月16日(火)
時間 :午前10時~午9時(※日・月・火 は午後8時)
場所 :阪急うめだ本店地下2F和洋酒売場
    大阪市北区角田町8-7














 インスタ映えに乾杯
南海日日新聞H29.12.16掲載分



   (其の10)

ドンペリニヨン(シャンパン)の誕生


 17世紀末、シャンパーニュ地方で生まれたベネディクト修道会の修道士、「ドン・ピエール・ペリニヨン」は盲目であったためオーヴィレール修道院に入り、ワイン醸造所で働いた。ある日、彼は発酵中のワインを誤って瓶詰してしまった。すると瓶の中で発砲が進んで発酵し、瓶が割れたり、栓が飛んだりしてしまった。ペリニヨンが瓶内発酵で発泡したワインを味見したところ、実に刺激的なものであった。その時、彼は「まるで星のようだ」と述べている。それ以来、ドン・ペリニヨンは発泡ワインの研究を重ね、発泡ワイン「シャンパン」を生み出した。現在、シャンパンの名を用いられるのはシャンパーニュ地方で製造されたワインだけであり、他の地域で造られたものは「スパークリング・ワイン」と呼ばれる。このように「ドン・ペリニヨン」の名は最高級シャンパンの名称となった。



森の中の露天風呂
   鹿児島県の霧島市にある人気の温泉で、貸し切り露天風呂を楽しみました。先日降った雪がちょっと残っており、寒かったけど風情を味わえました。ただ、備え付けのシャンプーのボトルが寒さで凍っていたのにはウケましたね。でもホント極楽でした。







TOP製品案内製造工程黒糖焼酎の由来美味しい飲み方くろちゅうマガジンくろちゅうリンク
Kikaijimashuzo.Co.Ltd