喜界島酒造の製品紹介くろちゅうの製造工程くろちゅうの由来くろちゅうの飲み方くろちゅうマガジン
くろちゅうリンク
 
 
 喜界島酒造㈱は鹿児島県大島郡喜界町にある酒造会社です。弊社の黒糖焼酎は、全国酒類コンクールの黒糖焼酎部門で2012年以降、6回連続で特賞を受賞している「キャプテンキッド」をはじめ、1年熟成酒をベースに、5年古酒を約40%ブレンドした「由羅王」(1位)や、昔ながらの伝統製法で造られた「しまっちゅ伝蔵」(2位)など、黒糖焼酎の旨さを存分に引き出したこだわりの焼酎です。3年古酒を主体とし、5年から10年古酒をブレンドした「三年寝太蔵」は、口当たりが良く、その優しく芳醇な風味が黒糖焼酎の素晴らしさを感じさせてくれるでしょう。その他にも多数の個性的な商品も取り揃えております。是非、ご賞味ください.
きっと・・・いい酒との出会いは人生をちょっと楽しくします    
 
 

喜界島や工場の情報をお知らせします!
 
 

(令和2年1月25日、南日本新聞記事抜粋)
黒糖焼酎や芋焼酎に、老化を抑え健康長寿を促進するホルモン「グレリン」と同じ働きをする物質(グレリン様物質)が含まれている事がわかりました。特定したのは鹿児島大学大学院漢方薬理学講座・乾明夫特任教授らのチームです。研究にかかわった鹿大農学部附属焼酎・発酵学教育研究センターの高峯和則教授によると、それらは黒糖焼酎や芋焼酎の貯蔵過程で生成されるにおい物質だという事です。実際に黒糖焼酎から抽出した濃縮エキスを人間の細胞に加えると、グレリンの働きが増強することは3年前に確認されましたが、有効成分の特定までは至っておりませんでした。昨年、鹿大焼酎・発酵学教育研究センター、国立がん研究センター研究所、クラシエ製薬漢方研究所が成分分析に取り組み、黒糖焼酎に含まれるグレリン様物質の特定に成功しました。これは黒糖焼酎だけではなく芋焼酎にも含まれているそうですが、減圧蒸留が主流の米焼酎や麦焼酎には殆ど含まれていないという事です。
 研究チームは今後、動物を使った実験を行い、研究を進めながら脳科学系の雑誌に投稿する予定です。また、焼酎メーカーと協力しながら、この物質を多く含む機能性焼酎やサプリメントの開発、販売にも取り組んでいくという事です。


今回のコロナの影響で、手軽にできる趣味を発掘された方も多いのではないのでしょうか。私も盆栽やガーデニングなど、以前から興味はあったものの、なかなか踏み出せずにいたものにチャレンジしています。でもやってみると楽しいですね。若い時は植物など一切興味が無かったのに、まさか自分がこうなるなんて思いもしませんでした。草花相手は一人でも結構マイペースで楽しめます。
ちなみに私の息子も最近はキャンプにハマっているようです。職場にキャンプ好きの師匠(先輩)がいるらしく、いろんなキャンプグッズをネットで購入しています。普通にホテルに泊まった方が安いだろ?と思うくらい相当な数です。キャンプといってもコロナの感染を防ぐため、人が多い場所に行くわけにいかないので、家から車で10分くらいの場所にテント張り、「ここが僕のアナザースカイ」とか言ってます。思わず「近っ!」とツッコミを入れつつも、何だかとても楽しそうで羨ましいです。まあ、趣味なんてものは人に迷惑かけず、自分が楽しければそれでいいんじゃないでしょうか。皆さんもどうせつまらないだろうと思っていた事や、先延ばししてきた事に、もう一度目を向けてみませんか?ときめきは人生の宝です。



Youtubeで↑の動画を発見しました。黒糖焼酎喜界島を使用して梅酒を作っている様子がアップされてます。黒糖焼酎はいろんな使い方ができてとても便利です!


 
【管理人のひとりごと】
私は焙煎した珈琲豆をドリップして飲むのが好きなのですが、美味しい珈琲は砂糖を入れなくても、ほんのり甘みがします。それと同じように黒糖焼酎「黒糖」もほんのり甘みを感じとることができます。その理由として製造過程の仕上げとして「荒濾過」という手法で造られているからなのですが、ただ何でも荒濾過で処理できるわけではなく、濾過する焼酎も荒濾過しても飲みやすく、且つ美味さを兼ね備えていなければなりません。雑味が残らないよう素材も高い条件を求められるわけです。荒濾過だけど決して雑ではないんですね。これはなかなかの逸品です。本当に焼酎の味を求めてる人にはたまらんと思います。荒濾過おそるべし…



 




     (其之18)


 
日本を代表するカクテルと言えば「酎ハイ」です。酎ハイとは、焼酎ハイボールの略で、焼酎をソーダ水で割ったものを指します。最近ではソーダ水だけではなく、梅、レモン、カボスなど各種の果実や、フルーツのエキスを加えた酎ハイが数多く飲まれています。変わった飲み方としてウィスキーや焼酎をウーロン茶で割る「ウーロン割り」などもあるようです。ちなみにハイボールの語源は諸説あるようですが、そのいくつかはゴルフにまつわるものです。19世紀後半、ゴルフに興じていた男が喉の渇きを覚え、ウィスキーが入っているコップとは知らず、ソーダ水を入れて飲み干したところ、実に爽やかで、その後、気持ち良くナイスショットを連発したところからきた説と、あるいは、ゴルフのプレイ中、ソーダの入ったグラスに、ウィスキーを入れて飲んだところ、その美味しさに驚いた途端、ゴルフ場からミスショットで高いボール(ハイボール)が飛んできたことから、その呼び名になったとの説もあるようです。ゴルフ以外の説としては、アメリカで自動車や飛行機が普及する以前、広大なアメリカ大陸を旅する交通手段は鉄道でした。機関車はその広さゆえに何度も燃料と水を補給する必要があったことから、その停車中に乗客にはウィスキーのソーダ割りが振舞われました。その停車の合図として運転手がボールの付いた棒を高く差し上げたことから、ハイボールと呼ばれるようになったとか…他にもいろいろな説があるようです。まあ、昔のことですから、真相はハッキリしておりません。ただ一つ確かなことは、お酒をソーダで割ると美味いという事ですね。



 家族に乾杯
南海日日新聞H30.8月掲載分









 コロナウイルスもなかなか手ごわいですね。普段の何でもない日々がとてもありがたく思える今日この頃です。皆様方もくれぐれも気を付けて、毎日をお過ごしください。







◆◆◆公式サイトはこちら◆◆◆






Kikaijimashuzo.Co.Ltd